ペスカトーレ 

魚介類とトマトソースで作るパスタがペスカトーレです。

元々は漁師という意味を持つ言葉で、漁師が売れ残った魚をまとめてトマトソースで煮込んで生まれました。

次第にこれがスパゲッティソースとして使われるようになり、ペスカトーレパスタになったのです。

味付けは塩とにんにく、そして白ワインのとても簡単な味付けなので魚介類の旨味がたっぷりと堪能することが出来る、

素朴だけどコクのあるテイストに仕上がっています。

良く使われている具材はアサリやエビ、イカやムール貝、ホタテ、イカ等ですがペスカトーレには

決まったレシピがないので自分の気に入る具材を入れる人が多いでしょう。

魚介類を入れてトマトソースをあえるだけでペスカトーレと呼ぶことが多いでしょう。

作り方もとても簡単です。事前に魚介類の下ごしらえをして、パスタを茹で、フライパンにオリーブオイルやにんにく、

赤唐辛子等を入れて具材を入れて白ワインと煮込むだけでペスカトーレが完成です。

難しいように見えて意外に簡単なパスタなので、一度手作りペスカトーレにチャレンジしてみませんか。

コメントは受け付けていません。