ボンゴレ

アサリや二枚貝を使ったボンゴレは、イタリアナポリのパスタ料理です。

ボンゴレは本来、アサリ類やハマグリ類等のマルスタダレガイ科の二枚貝を表す言葉であり、

パスタ料理の事をイタリアではボンゴレスパゲティと読んでいます。

本場イタリアのボンゴレは、地中海産のガリアハマグリやヨーロッパあさり等が使用されています。

最近では日本産のアサリも多く使用されており、どれもマルスガレガイ科の二枚貝です。

また、ボンゴレにも2種類ありトマトソースを使った物をボンゴレロッソ、使わないパスタをボンゴレビアンコと呼んでいます。

ロッソとは赤を表す言葉で、ビアンゴは白という意味の言葉です。

また、トマトをつぶさないロッソとビアンゴの中間的なパスタも存在しています。

バジリコを使ったボンゴレヴェルデは緑という意味を持ち、イカ墨を使ったボンゴレネロは黒という意味を持つ言葉です。

とてもシンプルなパスタですが、ボンゴレにはさまざまな種類があります。

さまざまなボンゴレパスタがありますが、やはり一番人気なのは定番のトマトソースを使ったボンゴレロッソでしょう。

コメントは受け付けていません。