アラビアータ 

フルーツ02

トウガラシを利かせた辛味の強いイタリア料理のパスタがアラビアータです。トウガラシをたっぷりと入れたり、オイルに味を付けたり、一言にアラビアータといってもさまざまな風味と味わいを感じることが出来るでしょう。また、バジリコやハーブ等を添える事もあります。また、普通のパスタだけではなくペンネで作る事もあり、ペンネで作ったアラビアータはペンネアラビアータと呼ばれています。アラビアータソースはピザに使われる事も多く、調理済みのソースも多く販売されています。アラビアータはイタリア語で怒りという意味を持ち、まるで怒っているかのように辛いパスタという意味を持って付けられました。本来イタリアで使われている名称を日本でよむとアッラッラビアータという名称となりますが、呼びにくいのでアラビアータが使われています。辛いパスタなので苦手な人も多いかも知れませんが、トウガラシを少な目にしたりアレンジをする事で食べやすくなります。また、アラビアータはスパゲッティ―だけではなくペンネやマカロニ系のパスタと和えて食べる事もあります。

コメントは受け付けていません。