パスタの種類

野菜02

パスタにはさまざまな種類があります。

種類の違いは主に形で決まっていて、太いパスタや細いバスタ、大きい、太い、細長い、円形等さまざまな形状のパスタが存在しています。

もちろん形状以外にも違いはあります。たとえば調理方法です。

パスタは基本的に茹でて調理をする食品だと考えている人が多いですが、

実はラザニアやカネロに等主に焼いて使用するパスタもたくさんあります。

また、パスタインブロードといってスープやにだしとして使うパスタもあるのです。

一般的に使用されている茹でて使うパスタはパスタアシュッタと呼ばれており、乾いた、水気の無い、という意味を持ちます。

パスタには乾燥しているか生かの違いもあります。

一般的に販売されているパスタは乾燥パスタがほとんどですが、生パスタも販売されています。

しかし保存がきかないので賞味期限も短く値段も少し高くなっています。

形状だけの分類でいうと、パスタは500種類以上にもなります。

この様に、パスタには本当にたくさんの種類があるのです。

パスタに合ったソースを見つければ、更に美味しいスパゲティ料理を食べる事が出来ます。